So-net無料ブログ作成
検索選択

田口淳之介に関する豆知識を集めてみた

最近私の周りで話題になっている田口淳之介について調べてみました。

昨日あたりから話題になる件数が激増している田口淳之介のニュースなどは見ていますか。

注目されている田口淳之介のことですから気になるという人もきっといると考えます。

今はまだ見ていない人もいると思われますので当方が参考になったweb上の情報を詳しく検索してみます。







"

nice!(0) 

友達には秘密にしておきたい田原俊彦

このごろ友人が田原俊彦、田原俊彦ってうるさいんですが…
最近私の周りが田原俊彦、田原俊彦ってうるさいんです。

このごろ検索回数が伸びている田原俊彦のNEWSなどはみていますか。

盛り上がっている田原俊彦だけあって、チェックしているという人も急増しているのではないかと感じます。

今の時点で見ていないという人も結構いるのではないかということで当方が面白いと思った記事などを詳しく検索してみますね





"

田原俊彦ライブレポ 古参ファン「ファミリー」と永遠の誓い http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151115-00000014-pseven-ent

「僕は歌うことと踊ることしかできないですから。

皆がこうして来てくれるんで、36年ステージに立っていられる。

皆がいなかったから、僕は終わりですから」 歌手・田原俊彦(54)が、8月29日の東京・町田市民ホールから10月31日の滋賀・守山市民ホールまで全9公演のコンサートツアーを終えた。

MCでは、ファンとの距離を少しでも縮めようと最前方に立ち、ステージからつま先をはみ出させて宙に浮かせながら、冒頭のように語りかけた。

 デビュー36年目となる今年のツアーは、『悲しみTOOヤング』『ピエロ』『君に薔薇薔薇…という感じ』『チャールストンにはまだ早い』『恋=DO』『原宿キッス』『哀愁でいと』を約13分間にわたるメドレーで魅せるなど豪華なセットリストだった。

また、嵐のツアーへの参加歴もあるサックスの海野あゆみの加入もあって、音質にもこだわりを見せていた。

 今ツアーでは、男性ファンの姿が目立った。

かつては9割5分以上女性ファンで占められていたが、会場によっては3割近い男性ファンが集まり、「トシちゃん会いたかったよ!」「トシちゃんカッコいい!」という野太い声がこだまし、最前列で田原の振り付けをマネしながら楽しむ観客もいた。

 10月16日の中野サンプラザでの公演では、「ゾッコン!」と叫んだ男性に対して、田原が『ZOKKON 命』(ゾッコン・ラブ=1983年発売、シブガキ隊のシングル曲)とポーズ付きで返し、会場の笑いを誘った。

『教師びんびん物語』の頃から男性ファンが増えたといわれていたが、コンサート会場で頻繁に見掛けるようになったのは、最近3年くらいだという。

芸能記者が話す。

「長かった不遇の時代を乗り越えた田原に、自分を重ねる男性が増えたからでしょう。

そして、コンサートに行けば、昔と変わらない歌と踊りで魅せてくれる。

自身に対する風向きが良かろうが悪かろうが関係なく、自分にできることを続けてきた姿が、田原のステージにはある。

だから、同世代の男性の感動を呼ぶのでしょう」 もちろん、デビュー以来36年間応援し続ける女性ファンも数多存在する。

当時、10代だった彼女たちも、いまや40~50代になった。

MCになると、田原は長年連れ添ったからこそ吐ける毒舌を交えつつ、ライブ開始からずっと立ちっぱなしの観客に対して、「座っていいよ」とさりげない優しさも見せていた。

ファンの一人はこう話す。

「正直、ライブの2時間ずっと立っているのはキツい。

でも、座るタイミングがわからないし、立っているしかないんです。

だから、トシちゃんがそういってくれると、すごく助かるんですよね」 バラードを歌う前に田原が「座っていいよ」と語りかけた後は、ファンはアップテンポな曲になると立ち上がり、バラードになると座るという循環ができあがった。

 今ツアーでは、本編ラストに1998年発売のアルバム収録曲である『永遠』を選択。

当時、ジャニーズ事務所独立から4年が経過していた田原はメディア露出も減り、厳しい境遇に置かれていた。

実際、セールスは芳しくなく、次作のオリジナルアルバム発売まで15年の月日を要した。

 そんな状況で発売された『永遠』を、田原は「みんなと僕の曲」と照れくさそうに、少しうつむきながら話した。

不遇の時代も離れなかったファンを、田原はいつからか“ファミリー”と呼ぶようになった。

“ファミリー”は周囲の勝手な評価に惑わされることなく、田原の曲を買い続け、コンサートには必ず足を運んだ。

 皆がいなかったから、僕は終わりですから──。

 田原は、実感のこもった言葉をステージにぶつけた。

ツアーラストの滋賀公演では、アンコールで『センチメンタルハイウェイ』を歌いながら、1メートルは優に超えるスピーカーの上にジャンプして飛び乗ったり、ステージ横の花道に出ると目の前にあった客席の手すりに両足で乗っかったりと、まるで10代のようなパワフルかつバランス感覚の良い動きを見せ、会場を狂喜乱舞させた。

 体中に湿布を貼りまくるほどの満身創痍。

それでも、ステージで精一杯歌って踊り続けることで、田原はみずからを投影する男性ファンや『永遠』を誓ったファミリーに恩返しをしている。


nice!(0) 

分け入っても分け入っても吉田栄作

あまり興味がないので吉田栄作についていままで放置してましたが、そろそろ気になってきました。


流行に乗り遅れない為に、吉田栄作を知ることにしました。

この数日話題になる頻度が増加してる吉田栄作の情報などは確認してますか。

話題が集中している吉田栄作ということもあって、情報を収集しているというような人もいくぶん多いのではのではないかと思います。

今の時点で耳にしたことのないという方も結構いるんじゃないかと思いますから、チェックしたツイートやニュースを引用してみました。







大人の吉田栄作、11年ぶりラブストーリー「40代の恋愛感情を」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151115-00000044-sanspo-ent

 俳優、吉田栄作(46)が来年1月12日スタートのNHK連続ドラマ「愛おしくて」(火曜後10・0、全8回)に出演、11年ぶりにラブストーリーに挑む。

 主演の田中麗奈(35)演じる染物師が師匠(秋吉久美子、61)の恋人(吉田)に心ひかれていく物語。

吉田にとって2005年の同局「ダイヤモンドの恋」以来のラブストーリーで、秋吉との妖艶なラブシーンも。

サンケイスポーツの取材に応じた吉田は「心の深い部分でつながって、その気持ちを温める…若いころとは違う、40代の恋愛感情を表現したい」と、1990年代のトレンディドラマを牽引した熱血男が大人の男の色気を放つ。

 今作は名古屋放送局の制作。

同地のパロマ瑞穂ラグビー場でこの日、五郎丸歩(29)所属のヤマハ発動機がトップリーグ初戦で快勝した。

吉田は初主演映画「代打教師 秋葉、真剣です!」(91年)でラグビー部のコーチ役を演じており、「W杯の日本代表からは大きな勇気をもらった。

50代、60代の恋愛ドラマが増えるよう、俺もこのドラマで歴史を変えたい!」。

熱い思いは若いころと変わらない。


nice!(0) 

五郎丸を見ていたら気分が悪くなってきた

ちかごろ周りで五郎丸が話題になっていますので、調べてみました。


いま現在検索回数が増加している五郎丸のNEWSやTWEETなどはみていますか。

よく取り上げられる五郎丸ということで、情報を確認している人も相当いると思っています。

本日時点で見ていないというような人もいるのではと考えられますのでわたくしが気になったweb上の記事などを引用してみます。


nice!(0) 

人生に役立つかもしれない前田けゑについての知識


最近前田けゑがすごいってことなので、ネットで調べてみましたよ。

現在話題になる回数が激増してる前田けゑの情報などは見ていますか。

話題が集中している前田けゑということもあり情報を収集している人もそれなりにいるのではないかだろうと思います。

現時点で把握していないというような人も多いのではと思いますから、わたしが注目した記事などをチェックしてみました。



"

赤の他人から15億円を相続した芸人 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-00000086-dal-ent

 カスタネット芸人の前田けゑ(33)が25日放送の関西テレビ「マルコポロリ!SP」に出演。

見ず知らずだった赤の他人から15億円の遺産を相続した仰天の身の上を明かした。

 大阪・岸和田出身の前田が芸人を目指したのは23歳。

その直後に祖母の友人で身寄りのない名古屋在住の資産家の「おばあちゃん」と知り合い、請われて養子となった。

実母には知らせずに決めたという。

 月に1回、東京から名古屋に行き、養母と会っていたが、次第に体調を崩し、2012年に他界。

マンション2棟、駐車場2カ所などの不動産など総資産15億円を相続した。

養母は「途中から痴呆入ってきた(痴呆の症状が出てきた)」といい、介護ヘルパーの資格を持っていた前田は、晩年は月の半分ほどを名古屋に夜行バスで行き、介護したという。

 養母の死後に莫大な財産があったことを知らされたが、それまでは「知らなかった?そうなんです。

だんだん分かってきたけど、15億とは。

横になんかマンションあって、そのマンションの大家さん、と聞かされてた」と説明した。

 芸能活動の傍ら株式会社K-Network Family代表取締役、不動産経営、BAR経営、イベント事業経営など、「年商は約7800万円~8000万円。

僕のところに入ってくる(手取り)は(年間)1500万円ぐらい」と明かした。

現在は都内で2LDK、家賃40万円の高級マンションで暮らしている。

 芸人としての月収は9月30日付けの給料明細で、5万2890円だった。


nice!(0) 

全盛期のトム・クルーズ

このごろ友人がトム・クルーズ、トム・クルーズってうるさいんですが…
最近私の周りがトム・クルーズ、トム・クルーズってうるさいんです。

この数日話題になる件数が増加しているトム・クルーズのニュースなどは知っていますか。

人気のトム・クルーズということで情報を収集しているというような人もきっと増加しているだろうと考えています。

今の時点で確認していない方もいるのではと思われますので気になったweb上の記事などをチェックしてみます。







"

ハリウッド男女賃金格差、トップ女優に影響なし http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151023-00000072-nksports-ent

 米経済誌フォーブスの「2015年度 世界一高収入の女優」として名前が挙がったオスカー女優のジェニファー・ローレンス(24)が最近、映画「アメリカン・ハッスル」(13年公開)の出演料が、共演俳優たちより少なかったことを明かし、注目を集めた。

【写真】ジェニファー、私の前でオナラする人好き ローレンスは、フェミニズム問題を扱うニュースレターにエッセーを寄稿し、「早い段階で出演料の交渉をあきらめてしまった自分に、激怒している。

当時は気難しいとか、甘やかされているとか思われたくなかった」と告白。

同時に、ソニー・ピクチャーズのハッキングスキャンダルにより暴露された、共演俳優ブラッドレー・クーパーやクリスチャン・ベールらの出演料を後にネットで見て、金額の違いにショックを受けたと語った。

ローレンスは今回、「自分はハリウッド業界の男女差別の犠牲者である」と、正面切って主張したのである。

ローレンスはさらに、「男性社会のハリウッドでは、女性が意見をはっきり言うと反感を買う」とも語っており、こちらも議論の余地があるのだが、今回は男女の賃金格差問題のみに焦点を当てることにする。

 さて、ローレンスの発言を覆すような、なんとも苦笑いするしかない事実が発覚した。

映画業界誌「バラエティー」が入手した内部情報によると、ローレンスは「アメリカン・ハッスル」の撮影に後から加わったため、実際は共演俳優のクーパーやベールらの半分以下の日数しか働いていないというのだ。

ローレンスは、クーパーとベールの出演料が250万ドル(約3億円)だったのに対し、彼女には125万ドル(約1億5000万円)しか支払われなかったと主張。

しかし、同誌によると、ローレンスが働いたのは19日間で、ベールは45日間、クーパーは46日間働いたという。

しかも、クーパーとベールは主演俳優であり、助演女優だったローレンスの登場シーンはわずか20分間だったのである。

 同誌はさらに、アカデミー賞10部門にノミネートされた同映画に出演後、キャスト全員の株が上がり、次作品でのギャラの交渉が劇的に有利になったと指摘。

ローレンスの場合、現在、制作中のSFアドベンチャー映画「パッセンジャーズ」(16年公開)への主演で、共演俳優のクリス・プラット(36)より500万ドルから700万ドル多い2000万ドル(約24億円)の出演料を得たこともわかっている。

ちなみにプラットは今、ハリウッドで最もホットな、人気急上昇中の俳優である。

 ハリウッド業界で男女間の出演料に格差があることは、以前からよく取り沙汰されている話であるが、同誌は、「ローレンスが価値ある目的のために発言したことには元気づけられるが、”アメリカン・ハッスル”をハリウッドの男女格差の一例として挙げるのは疑問だ」としている。

ローレンスは今や、映画一本につき巨額の出演料を得ているため、不満を言えば、世間からたたかれるリスクもある。

それを承知で問題提起したことはたたえられるべきだろう。

しかし、業界関係者の間では、ローレンス級の一流女優になると、もはや俳優との格差はなく、今回の彼女の発言でよい影響を受けるのは、最下層の賃金レベルで働く女優たちであるとの声も挙がっている。

 ハリウッドスターの高収入ランキングなどで、俳優と女優の収入に格差が広がる最も大きな理由は、女優が超大作で主役を演じる機会は非常に稀だという点にある。

例えば、トム・クルーズの「ミッション インポッシブル」やロバート・ダウニー・Jr.の「アイアンマン」などのような、主役に多額の出演料が保証されるアクション超大作である。

ソニー・ピクチャーズを始めとするアメリカの大手映画スタジオの女性トップたちも、フォーブス誌に、「トップ女優たちは、トップ俳優たちと同額の出演料を得ている。

問題なのは、女優たちが主演し、多額の出演料を得られる役が非常に少ないことだ」と口々に語っている。

トップ女優たちに男女の賃金格差は及ばないというのが、ハリウッドの実情なのだ。

【鹿目直子】(ニッカンスポーツ・コム/芸能コラム「SPY!CELEBRITY」)


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。